管理薬剤師は誰でもなれるというものではありませんよ!

管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由

薬の取り扱い全般・製造・販売に責務を持っており管理者としての立場にある薬剤師が管理薬剤師です。 調剤薬局・病院・ドラッグストア・製薬会社・医薬品卸では管理薬剤師が必要です。 ここでは、管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由をご説明します。

一般的に、管理薬剤師が勤務しているのはドラッグストアや調剤薬局が主流です。 しかしながら、勤務先によっては「一般薬剤師と大差がない」と見なされることも多いです。 薬事法が改正され登録販売者制度が施行されてドラッグストアでは薬剤師が不要な第二類と第三類の医薬品販売ができるようになりました。 これが影響して薬剤師の職場は減少しています。

管理薬剤師を必要とする職場は薬局に限ったわけではありません。 薬品や化学品を取り扱うメーカー・製薬会社・医薬品卸業などの企業でも必要とされています。 勤務先や企業によって管理薬剤師の仕事は違います。
管理薬剤師に強い求人サイトは?

医薬品卸業では許認可申請の届け出や監督官庁への行政対応があります。 「医薬品の使用期限・品質管理を実施する在庫管理」や「医薬品の情報管理や問合せに対応する業務」もこなさなければなりません。

薬剤師法や薬事法などの法律知識は必須で、医薬品の品質情報や安全情報に準じた確認作業や情報管理も管理薬剤師の仕事です。 庶務的な仕事もあり「MRへの指導」「勉強会の企画や開催すること」や「文書ファイリング」や「帳票類の作成」もあります。

薬品や化学品を製造販売する会社や製薬会社に勤務する場合は、医薬品の製造に関する品質管理基準の管理や医薬品製造に使う薬品の管理をしたり、製造現場で出荷に関する最終判断を担当したりと責任ある立場になるケースもあります。 信頼のおける管理薬剤師の存在によって企業側にとっては製品管理や医薬管理が徹底できます。

医薬品は健康を守ったり病気を治療したりする大切な役割がある一方で、口から入るので生命や人体への直接的な影響が懸念されます。 安全で正しい取り扱いや適切な医薬品管理は必要不可欠です。 これらの責務を担当する管理薬剤師のポストはとても大きなウエイトを占めることは明白です。

以上、管理薬剤師の将来性と企業への求人をお薦めする理由をご説明しました。 企業に勤務する管理薬剤師はやりがいのある仕事です。 会社勤務ですから勤務体系も整備されています。

高収入・好待遇も期待できるでしょう。 誠実で安全な企業体制を目標にしている会社も多く、管理薬剤師のニーズは高まっているので今が転職のチャンスでしょう。